テレクラのサクラはとても厄介

テレクラに限らず出会い目的のツールを使おうとすると、必ず邪魔になるのがサクラの存在です。
出来るだけ避けつつ、普通の女の子の相手をしたいというのは誰しもが思うことでしょう。
ということで、今回はテレクラにおけるサクラについて考えてみましょう。

テレクラのサクラは判別が難しい

サクラと言えば出会い系サイトって感じもしますが、テレクラにもいます。
出会い系サイトのサクラの場合、対処方法を知っていれば、すぐに判別して無視することが出来ますが、テレクラだとそれは難しいと言われています。
それはなぜかというと、いきなり通話から入るからです。
出会い系サイトの場合、プロフィールを見たり写真を見たり、書き込みを見たりと判別するための材料が結構ありますが、テレクラではいきなり声です。
テレクラの場合対応の方法も機械的ではなく、しゃべりのプロが相手ですから判断が難しくなるんですね。

テレクラでのサクラの見分け方

話し方がプロっぽいとか素人っぽいっていう判断方法もありはします。
慣れていない感じや、やけにモジモジしている場合には、素人だと思っていいでしょう。
ただ普段しゃべり慣れているという人もいますから、サクラと断定はできないでしょう。
そこで見る(聞く)ポイントは2つ。話を長引かせようとするか、こちらが喜びそうな卑猥な言葉を積極的に使うかです。
サクラの目的は、話を長引かせることですから、話が長引いて来たら連絡先の交換を申し出てみたらいいでしょう。サクラならばこれで切られます。
また一般の人は卑猥な言葉を使うことはそうそうないです。
サクラの場合には気分よく電話してもらうために使うのですね。

サクラ相手に楽しむのもあり

サクラとはいえ電話して女の人と通じているんですから、そのまま楽しむのもありと言えばありなのかもしれません。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »